Site map
English
| HOME | What's New? | Critical Stuff | Close-up | New Car Tests | Driver Training | Racing |
| Circuit Oz | Car Culture | Lifestyle | Contributors | About Me | Links | Contact Us |
Critical stuff

 

あなたの車が「目撃者」となる日が近い
自動車用「ブラックボックス」の真実

考えたくないだろうけど、まあちょっと想像してみて欲しい。あなたが運転中、事故にあったとしよう。あなたと相手のドライバーの話が食い違っている。 お互いに自分の正当性を主張しているけど、聞いていた警察はどちらも信用しないで、こう言うんだ。「もう、いいよ。クルマに聞いてみることにしよう。」 こんなの、まさか現実になるはずはない、と思う?

でも、ターミネーターが政治家になってしまったアメリカでは、もうすでにクルマにも航空機なみのブラック・ボックス(記録装置)が使われ始めている。 そう、よく墜落事故なんかの時に、見つかったとか見つからないとか言われるあのブラック・ボックスだ。

昨年6月、エドウィン・マトス君はフロリダで追突事故を起こし、懲役30年の判決を言い渡された。相手のクルマに乗っていた十代の女性2人を死亡させたからだ。彼のポンティアック・グランダムには、イベント(事故)データ・レコーダ(EDR)、つまりブラック・ボックスが搭載されていて、その記録が彼にとっては不利な証拠となってしまった。

これには、事故当時の時速、いつ、どのくらい減速したか、エアバッグが作動したか、つまり、どの位ブレーキペダルを踏んだか、が記録される。エドウィンは衝突寸前、時速170km/hを出していた。

サンデータイムズ紙によると、アメリカではすでに2500万台にこのEDRが搭載されている。でも、「ほとんどのユーザーは、そんな装置があることさえ知らず、ましてや自分のクルマにそんなものがついているとは、思ってもいない」と語るのは、アメリカに拠点を持つ電子プライバシー情報センターの弁護士、デイビッド・ソーブル氏。「たとえ、自分のクルマにEDRが着いているとは知ってても、どんなデータがそこに記録され、誰がその情報にアクセスするのかまでは、知らないはず」。

EDRの通常の役目は、クルマのついている数々のセンサーのデータを集めて、いつエアバッグが作動すべきかを決定すること。だから、ジョージ・オーウェルの名作「1984年」に出てくるビッグ・ブラザーのように、ドライバーを常に監視するのが本来の目的ではない。

EDRは情報の記憶もするが、働いているのは、作動1回につき数秒だけ。メモリは周期性なので、記録はずっと上書きされていく。ただし、衝突が起きた場合、事故直前の数秒感は記録に残される可能性がある。「まるで、お巡りさんを後席に乗せているようなもの。プライバシーの侵害だと思いますね」と言うのは、弁護士、ボブ・ワイナー氏。

でも、悪いことばかりじゃないよ。あなたを救ってくれる場合だってある。イギリスでは最近、このブラック・ボックスの記録を証拠に?スピードカメラによる速度違反の起訴を取り消させた例がいくつか出ている。交通安全担当の筋からは、これが搭載されているとドライバーが慎重になるだろうと期待もされている。アメリカのNHTSA(全米道路交通安全機関)に調べによると、車にEDRが搭載されることによって、事故数が確実に減ってきているそうだ。

ドイツの報告では、ブラック・ボックスが着いているクルマだと、事故が著しく減るんだそうだ。みんなが安全運転するようになるし、それに保険が安くなるというメリットも! 3年から5年の間に、世界中の全新車に搭載されるようになると、専門家たちは予想している。

さて、日本では?

では、日本ではどうかというと、実は1999年から高級車にはすでに使?黷トいる。トヨタの話では、「99年から、セルシオとクラウンなどの高級車に搭載していて、2、3年以内に全車種にも順次搭載していく予定」だそうだ。日本ではEDRは、エンジンの回転数、アクセルペダルがどのくらい踏まれてい たか、ブレーキランプが点灯していたかどうか等、事故直前の5秒間のデータを記録する。

メーカーがこれを取り付ける理由は、衝突の際にエアバッグの誤作動があったどうかを調べるためだという。あくまでもメーカーが事故車を調査し、以後の 安全性を高めるために装着されている。だから、EDRが多くのクルマに搭載されていることは、日本ではこれまで一般ユーザーには知らされていない。トヨタによると、 「海外のようにまだ日本では裁判にこの情報が使われたとは、聞いていない」という。つまり、裁判にEDRのデータが提出された例はまだな く、保険が安くなるというメリットもない。

 しかし、この機器にはもっといろいろな用途があるということも認識されてきているので、そう遠くないうちに標準的に搭載されるだろう。幼稚園で教えら れたよね、誰かが見ていても、いなくても、正しいことをしなくちゃいけません」って。

戻る


 
COPYRIGHT(C)2004 PETER LYON ALL RIGHTS RESERVED.